小学4年生の息子コウサとの絵日記です。イラスト作品紹介や日常漫画、妄想まんがなど。 

70000hit記念「キャリー」

キリ番70000を獲ってくれたのはワーニャさん!
リクエストは「キャリー」でした。

0521cally_sissy.jpg

まずはキャリー役ヒロイン、シシー・スペイセクさん似顔絵。
「キャリー」とこの絵を観て
繋がる人というのは少ないかもしれません。

ワーニャさんのリクエストは
スティーブン・キング原作のホラー映画「キャリー」
(1作目のシシー・スペイセク主演)です。

0521pyom.gif

ホラー絵師さんに言わせれば
お菓子界でいうところのうまい棒ぐらいだと思うんですが(どんな例え)
コウサが見ると怖がってしまうので、リンク掲載で。
「ちょっとでも怖い系無理ー!」という人は
シシーさんの似顔絵でとどめておいてください。

↓クリックしたらイラストが表示されます。

ワーニャさんへ70000hit記念「キャリー」

ワーニャさんから
「どう描かれるか興味があり、リクエストさせて頂きました」
と言われ、どう描こう…と迷ったので
いつものスタンダードな似顔絵と、
主線なく流すタッチにしてみました。
他、「追記」に雑描き記載です。

キャリーは初めてちゃんと観たけど、
ホラーといえど、すごく良い作品でした。
ワーニャさん、リクエストありがとうございました!


ホラーもネタバレも大丈夫!
という方は記事の下にある[More…]をクリックして
追記とイラストを良かったら見て下さい。
(あたしの書くもんだから大して怖くはないです)
別バージョンキャリーもあります(^^)




にほんブログ村 イラストブログへ





すてらさんへ、拍手コメントのお返しです(^^)

0521masuda.jpg



キャリーはクラスの中でも浮いた存在で、
クラスメイトたちにもバカにされいじめられていました。

物語はキャリーに初潮がきたことから始まります。
高校生であるにも関わらず、
生理のことを全く知らなかったキャリーは
恐怖に陥り大パニック!

0521cally1.jpg

それをからかうクラスの女子たち。
女性として許されない行為だと
女子は全員厳しい居残り授業をさせられます。
その授業についていけないクリスは、
プロムパーティーに出る事も禁じられ
キャリーを逆恨み。

一方、スーは「キャリーのためになる」と
トミーに、キャリーをプロムパーティーの
パートナーに誘うよう頼みます。

初めての男の子からの誘いと、
楽しいパーティー。
頑張ってメイクをしてドレスを作ります。

キャリーの母親は狂信的で
女性としての成長や苦しみ、
異性との恋や交わりを罪や罰だとして
キャリーに異常な教育をしてきたのです。
もちろんパーティーへの参加は猛反対。

母親に反発してパーティーに出かけます。
今までにない幸せを感じるキャリー。
トミーも、控えめながらも開花していく
キャリーの可憐さに惹かれていきます。

0521cally3.jpg

そんな二人がベストカップルに選ばれて
舞台にあがり、幸せに涙する時

舞台の上に仕掛けられていた、クリスの罠である
大量の豚の血がキャリーに浴びせられたのです。

(このシーンがキャリーの最高潮時なのでイラストにしました)

会場中がキャリーを笑い者にした時
それまで片鱗を見せていたキャリーの超能力が炸裂。
目に映るありとあらゆる者を惨殺しました。

0521cally_simple.jpg


本当の見所なのは
この後キャリーが家に帰ってからかなと思います。

キャリーは母に憩いを求め、
母はキャリーを殺そうとします。
防衛のため、能力を使って母を殺してしまうのですが

0521cally2.jpg

死を歓喜として安らかに死んでしまいます。
いつも閉じ込められていた祈りの部屋にある
キリスト像と同じ姿で。

母役の女優さんがすごかったんですよ。
狂気でしかなくて。




「どう描くか興味がある」といわれると
どうとるか、どう観るか、どこが好きかと
とても迷うところでした。

シシーが後日インタビューで
「濡れた毛布をまとっているようだった」という
動きも良かったし
「風呂…はいんなきゃ(言ってないけど)」みたいな
キャリーの立ち姿が個人的にすごい良かったです。

0521cally4.jpg
スポンサーサイト

 
Comment
 
 
2017.05.21 Sun 17:01 すてら  #-

キャリーは好きな映画でした。

何度もリメイクされたらしいけど、初期の作品にはかないません。
ホラーというよりは、キャリーが可哀そうすぎて切ないんです。

それよりもこんなの描けるぴょん吉さんが凄いなあ。
私も自分のお絵かきの方向性がわからないけど、好きだから描きつづけたいです。
  [URL][Edit]
2017.05.21 Sun 17:23 ぴょん吉  #-
すてらさん

深夜放送でチラっと観たことがあるぐらいだったので
今回初めてちゃんと観ました。
新しいのも観てみたいけど、シシー・スペイセクは
超えられなさそうだと思ってしまいます。

うぉっ(>▽<)
本当ですか! ありがとうございます。
シシーさんのすさまじい目力も演出も、見応えがあって
描きたくなるとこが多く、描くのは楽しかったんですよ。

幸せな時間をすごすキャリーは似顔絵にしよう…と思えました。

すてらさんのお絵描き、
短期間でどんどんおもしろくなってるので楽しみです!
  [URL][Edit]
2017.05.21 Sun 17:33 田日ヨコ  #-
「キャリー」とはなかなか渋い所ですね。
私も見たことがあります。
キャリーのことを幸せにさせてあげてよーと言いたい所ですが
無理な注文なんですよね。だってホラー映画ですもの。

そしてぴょん吉さんのえがくキャリーが素晴らしいです!
キラキラバージョンも血まみれバージョンも上手いなあ。
  [URL][Edit]
2017.05.21 Sun 18:53 kingbee  #JOOJeKY6
私は当然、映画「キャリー」の世代ですが、
今の人なら「きゃりーぱみゅぱみゅ」なのかな?

この映画が封切られる前、新作映画を紹介するTV番組で
血まみれのキャリーの映像が流されてました。
今なら放送コードに引っかかってしまうかな?(^^;

最近クロエ・モレッツでリメイクもされてますね。
  [URL][Edit]
2017.05.21 Sun 21:58 ぴょん吉  #-
ヨコさん

リクエストお題がホラーだ!と思ってびっくりしましたが
観てみると、すてらさんもおっしゃるように
怖いというよりキャリーが可哀想でした(><。)
せっかくトミーといい感じになって幸せ絶頂時に
豚の血どーん!とか!! クリスの嫌がらせエグすぎるわ!!

ほがぁっ…! ヨコ様にほめていただけた…!
ありがとうございます(>▽<)
キラキラ似顔絵は、血まみれと真逆を描きたかったのと、
映画の中でキャリーが「星にきたみたいだ」って感じのことを
言ってたので、キラキラさせたかったのです(^^)
  [URL][Edit]
2017.05.21 Sun 22:04 ぴょん吉  #-
kingbeeさん

ちなみに「キャリー」で画像検索したら
キャリーバッグの画像がズラリと出ました。
キャリーといえばキャリーバッグなんです笑

今、ホラー映画ってテレビで放送されませんよね。
昔深夜映画でキャリーを観たんですが(^^;)

> クロエ・モレッツ
GEOで並んでいたのはクロエ・モレッツでしたよ。
クロエ・モレッツのも観てみたい!
  [URL][Edit]
2017.05.21 Sun 23:07 あめおんな  #-
「キャリー」と「サスペリア」が好きでしたねー
どちらも学校が舞台でした
  [URL][Edit]
2017.05.22 Mon 12:42 ぴょん吉  #-
サスペリア、怖そう!!!
…でも、コウサがおばあちゃんちに泊まる時はレンタルして観てみようかなあ(≧∇≦)
  [URL][Edit]
2017.05.22 Mon 19:10 すてら  #-

Amazonでキャリー検索したら、原作小説のほうが迫力があるそうです。
キャリーは超能力で、街ひとつを壊滅させたそうです。
スケールが大きいですね。映画でそこまでじゃなかったのは予算の都合でしょうか?
今ならCGで可能なんですが、最近のリメイクはそこまでだったのかなあ・・・
サスペリアも検索してみました。
映画は昔の作品のほうがいいのがいっぱいありそうです。
  [URL][Edit]
2017.05.22 Mon 20:50 ぴょん吉  #-
え…!
そんなすごい話だったんですか(@@;)
図書館で探してみようかな。
(3月のライオン読み終えてから)

スティーブンキング、ちゃんと読んだなあっていうのは
ミザリーぐらいしかないかも。

昔の作品はいいもの多いですよね。
うちのお父んなんかまさに昔の怪奇始め映画マニアですよ。
  [URL][Edit]
いつもご訪問していただきありがとうございます。
ごあいさつが遅れまして大変失礼いたしました。

今回のぴょん吉 様の「キャリー」を拝見させていただき
思わずコメントさせていただきました。

実は私も第一作「キャリー」世代です(年齢がバレますね^_^;)。
突出したホラー映画などあまりなかった時代
あのラストシーンでは映画館のあちこちで悲鳴が聞かれ騒然となったことが懐かしいです。
ブレイク前のジョン・トラボルタも悪ガキ役で出てましたね。
ぴょん吉さんの描いた画は映画の印象深いシーンを大いに思い起こさせてくれるものでした。
本当にありがとうございます。 

鉛筆画しか描けない私ですが
これからもよろしくお願いいたします。

Jinのどろーいんぐ  Jin
はじめまして  [URL][Edit]
2017.05.22 Mon 23:10 ぴょん吉  #-
ああっっ!
JinのどろーいんぐのJin様!!
いつも覗くばかりですみません!
鉛筆から離れていますが、鉛筆画が大すきなんです(><)

フランケンな綾野剛さんとても似てました!
ちょうど同時期、似顔絵師匠たちも綾野剛さん描かれてて…
ってこれはおいといて!

ラストシーンというと、キャリーの手が出て来るとこでしょうか。
「絶対くるわくるわー」と思いながら見てて、
やっぱりビクっとしましたが、
映画館で悲鳴が起こるんだ…!
なんかとても臨場感があって怖さが増しますね…!

シシー・スペイセクさんは可愛く見えたり、
ひどく惨めに見えたり不思議な魅力のある女性ですね。
可愛いところと、酷い姿とどちらも描きたくなったんです。

印象深いシーンはたくさんありましたが、
最初から最後まで「炎」と「血」がついてまわっていて
業火となるシーンが最高潮時だなと思って。

こちらこそありがとうございます!
また寄らせてください!!
岡田将生さんもけっこう好きなんです(>v<)
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
https://hoehoes.blog.fc2.com/tb.php/949-4989e8ac
 
 
FC2カウンター
 
 
次回、ゾロ番「77777」を穫った方はコメント欄か拍手ページのメッセージから、ご報告ください! スクリーンショットも撮れたらぜひお願いします(^^)
 
 
このブログについて
 
 
今まで使っていたメールが使えなくなりました。何かありましたらコメント欄か拍手ページからのメッセージフォームにて(私信の場合非公開設定にもできますので)お願いしますm(> <)m

ぴょん吉

Author:ぴょん吉
息子コウサと、母ぴょん吉で
トキフルをお送りします。
似顔絵スキルを持ってます。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
バナーリンク
 
 
志導館
▲ぴょん吉イラスト使ってくれてます!
花のいのちは結構長い
▲すてらさんの、自由にお絵描きブログ
たくろうたのマイペース育児日記
▲イクメンパパのお役立ち情報ブログ
さっとうさん
▲さっとうさんの、破天荒なアンパン工場
ツイッター
▲ブログ更新しかツイートされてませんが
 
 
リンク(更新頻度順)
 
 
 
 
検索フォーム